スポンサードリンク


永久抹消登録(廃車)に必要な書類

 自動車を廃車(永久抹消登録)する場合には、次の書類が必要です。

 ■ナンバープレート

永久抹消登録する自動車の前後のナンバープレート(2枚)を解体業者で取り外します。

 ■車検証

解体抹消の場合は、普通自動車の場合は「一時抹消登録証明書」、軽自動車の場合は「自動車検査証返納証明書」が必要。(一時抹消登録した際に受け取った書類)。

 ■申請書

申請書は陸運局やディーラー、整備工場、行政書士事務所などで購入できます。

記入は自宅でもかまいませんが、慣れていない場合は陸運局には記入サンプルがありますので、それを参考にして記入できます。

永久抹消登録と一時抹消登録の様式は違うので注意しましょう。

 ■自動車リサイクル券

解体を依頼した時、もしくは一番最近の車検の時に支払った自動車リサイクル料金の証明書(リサイクル券の一部)が必要です。

 ■「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」(解体業者より連絡)

解体による永久抹消登録の場合、申請書に「解体に係る移動報告番号(リサイクル券の一部に記載)」と「解体報告記録がなされた日(解体業者から教えてもらえる)」を記入しなければなりません。

 ■所有者の実印

印鑑証明書と同一の実印。

 ■印鑑証明書1通

発行後3ヵ月以内の印鑑証明書。

 ■振込先の情報(自分の口座)

解体による永久抹消登録の場合、車検が1ヶ月以上残っていれば自動車重量税の還付があります。 

申請書の「重量税還付のための記入」を行う時に、還付金の振込み先を記入するので、銀行名、支店番号、口座番号などを控えておきましょう。



補足1.車検証の住所と現住所が違う場合

車検証の記載住所から現住所までの変更の流れが確認できる書類(住民票、戸籍の附票など)が1通必要になります。(3ヵ月以内発行)

また車検証の記載に変更のある場合は、変更登録手数料350円が別にかかります。

さらに車検証の所有者の欄が信販会社や自動車販売店になっている場合には、所有者からの「譲渡証明書・委任状・印鑑証明書」が必要になります。


補足2.業者に依頼する場合

業者に依頼する場合は、業者の方が詳しく説明してくださるはずですが、基本的に自分で行なう場合より必要となるものが「委任状」などの書類です。

またそれらの書類には実印を押印する必要があります。

詳しくは業者さんから説明を受けてください。

一時抹消登録に必要な書類

 自動車を廃車(一時抹消登録)する場合には、次の書類が必要です。

 ■ナンバープレート

永久抹消登録する自動車の前後のナンバープレート(2枚)を解体業者で取り外します。

 ■車検証

 ■申請書

申請書は陸運局やディーラー、整備工場、行政書士事務所などで購入できます。

記入は自宅でもかまいませんが、慣れていない場合は陸運局には記入サンプルがありますので、それを参考にして記入できます。

永久抹消登録と一時抹消登録の様式は違うので注意しましょう。

 ■手数料納付書

一時抹消登録の申請手数料は350円かかります。
陸運局内で印紙を購入し、手数料納付書に貼り付けましょう。

 ■所有者の実印

印鑑証明書と同一の実印。

 ■印鑑証明書1通

発行後3ヵ月以内の印鑑証明書。

 ■振込先の情報(自分の口座)

一時抹消登録の場合、自動車重量税の還付が受けられる場合もあります。(解体のタイミングなどによる)その際に還付金の振込み先の情報を記入しますので、振込先を控えていきましょう。該当するなら申請書に還付金の振込み先を記入するので、銀行名、支店番号、口座番号などを控えておきます。

解体抹消に必要な書類

 自動車を廃車(解体抹消)する場合には次の書類が必要です。

 ■申請書(解体届出書)

申請書は陸運局やディーラー、整備工場、行政書士事務所などで購入できます。
記入は自宅でもかまいませんが、慣れていない場合は陸運局には記入サンプルがありますので、それを参考にして記入できます。この申請書に解体業者から受け取った「移動報告番号」と「解体記録日」を記載します。

 ■一時抹消登録証明書

一時抹消登録の手続きを行った時に受け取る書類。

 ■自動車リサイクル券

解体を依頼した時、もしくは一番最近の車検の時に支払った自動車リサイクル料金の証明書(リサイクル券の一部)が必要です。


 ■印鑑

 ■振込先の情報(自分の口座)

解体抹消の場合でも、車検が1ヶ月以上残っていれば自動車重量税の還付が受けられます。
申請書の「重量税還付のための記入」を行う時に、還付金の振込み先を記入するので、銀行名、支店番号、口座番号などを控えておきましょう。


スポンサードリンク