スポンサードリンク


自動車リサイクル法って何?

 自動車リサイクル法とはどのような法律でしょうか?

2005年1月から、有用な資源をリサイクルし、環境保全をより一層進めるという目的で自動車リサイクル法が施行されました。

これまでは年間400万台ともいわれる廃車の処理が適正に行なわれず、十分に分別されず埋め立てられたり、カーエアコンのフロンガスが放出されたりということもあったようです。

しかしこの法律により、すべての自動車は廃車後のリサイクルが義務づけられました。

そして自動車の所有者は、自動車のリサイクルに必要な費用を負担するとともに、廃車自動車を、自治体に登録されている引き取り正規の解体業者に引き渡すことが義務づけられました。

(車検証の所有者欄がディーラーや信販会社の場合は車の使用者が支払います)

リサイクル料金を支払うと、リサイクル券が発行されます。

このリサイクル券は廃車する時に必要となるので、無くさないようにしましょう。


自動車リサイクル法は車の所有者、販売店や解体業者などの関連事業者、自動車メーカーがそれぞれ分担して正しく自動車を処理するように定められています。

自動車の所有者が分担する、リサイクル料金は次の処理の為に用いられます

「カーエアコンのフロンガス」
「エアバッグ」
「シュレッダーダスト」(解体自動車を破砕し、金属などの有用なものを取り除いた残りのもの)

使用済自動車を解体する時の上記3点の処分に使われる費用です。

ですから中古車として買取してもらう場合などはリサイクル料は返金されます。


リサイクル料金を支払っていない自動車は、廃車(永久抹消登録)することはできません。

ただし、一時抹消登録では自動車リサイクル料金を支払う必要はありませんが、解体抹消の手続きをする場合には自動車リサイクル料金を支払わなければなりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4663082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク