スポンサードリンク


リサイクル法の対象車と支払い時期

 自動車リサイクル法は、どのような自動車の所有者に課されるのでしょうか? リサイクル料金の支払い時期はいつですか?


■自動車リサイクル料金の対象となる自動車とは?

ほとんどの車が自動車リサイクル法の対象車となります。

・普通自動車
・小型自動車
・軽自動車
・大型車(トラック、バスなど)
・特種自動車(8ナンバー車)
・ナンバープレートが付いていない構内車

逆に、リサイクル法の対象外となる自動車は、トレーラー、二輪車、大型特殊自動車(0、9ナンバー)、小型特殊自動車、その他(農業機械、林業機械、スノーモービル、公道を走 らないレース用自動車、公道を走らない自動車メーカー等の試験・研究用自動車など)となります。



■自動車リサイクル料金の支払い時期

リサイクル料金はいつ支払うのでしょうか?

2005年1月以降自動車リサイクル法が施行されましたが、それ以降の

・新車購入時
・車検時(2005年2月以降最初の車検)
・廃車(永久抹消登録)する時

 上記のいずれかに該当する時に自動車リサイクル料金の支払いをしなければなりません。

そしてリサイクル料金を支払っていなければ、車検を通すことも出来ませんし、廃車(永久抹消登録)することもできません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4662987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク